順張り、逆張り

こんにちは♪ゆるきよです(^^♪ エントリーで良く聞く言葉で「順張り、逆張り」というのがあります。順張りでポジションを持ったとか、逆張りで持ったとか聞いたことありませんか?そんなの知ってるよ!という方はスルーしてください(;^ω^)

簡単にいうと、相場の方向性に沿って取引することを順張り、相場の方向性に逆らって取引することを逆張りといいます。

基本的に相場って、ジグザグに動きますよね(^-^) そのジグザグを見てエントリーするわけです。

上の図は、順張りでエントリーするのを表しています。上昇トレンドを確認して、押し目を利用してエントリー!これだけ見ると簡単そうに見えますね(;^ω^) これは、過去チャートですので、結果が既に見えているので説明がつきますけど、実際の相場では、この先上がるのか?下がるのか?わかりませんよね。一番は、上昇するローソク足の底で買えればいいんですけど、それはかなり難しいです。ですから、陰線の次の陽線で(上がったのを確認して)エントリーした方が堅実です。

次に下の図ですけど、これは逆張りのエントリーを表しています。相場はジグザグを繰り返していると言いました。逆張りはそのジグザグが下がった時にエントリーします。これも、下がったのを確認してからエントリーです。それで、赤い矢印で決済。また上がったのを確認して緑の矢印で買い(順張り)のポジションを持つという繰り返し。これは、スキャルピングをする人なんかは、こんなやり方ですね。

これに、トレンドラインやインジケーターを合わせていくと、トレードもしやすくなりますよ(#^.^#)

基本的には、「押し目買い、戻り売り」というのも忘れないで下さいね♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました