チャートの種類

チャートは3つの種類があり、ぞれぞれに特徴があります。簡単に言えば、グラフのようなものですね。FX以外にも株式、先物取引などにも用いられている、値動きを視覚化したものになります。よく使われているのは、ローソク足と呼ばれるものですが、他には、バーチャート、ラインチャートというものです。

【ローソク足】

見ての通り、ローソクの形をしたもので、上下に線が伸びているものです。この、ローソクの部分を実態と呼び、上下に付けた線のことをヒゲと呼びます。これは、始値と終値、最高値と最安値が分かります。

【バーチャート】

バーチャートは、前に説明したローソク足のローソクの部分が1本の線に変わったものをいいます。これも、始値と終値、最高値と最安値がわかるようになってます。

【ラインチャート】

ラインチャートは、その名の通り1本のラインで表示されていて、ローソク足やラインチャートのように、最高値、最安値は表示されず、それぞれの時間軸の確定したレートを線で繋いだ形です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました