レバレッジって何?

簡単にいってしまうと、預けた資金(証拠金)よりも大きい金額で取引できる仕組みをいいます。例えば、資金(証拠金)が10万円あるとしますよね?そうすると、国内FX業者では最大25倍の250万円まで取引ができるということです。これによって、ハイリターンの取引が可能になります。ただ、注意してほしいのは、価格の変動差によってハイリスクにもなりますけど・・・。

よく勘違いされるのは、損を出したらその分を支払わないといけない?仮に10万円の証拠金で最大25倍のレバレッジで250万円取引したとしても借金ではありません。あなたが、預けている証拠金以上に含み損を出したとしましょう。そうすると、「ロスカット」「マージンコール」という仕組みがあります。含み損があり一定の金額に達すると自動的に発動されて、元本(証拠金)以上に損をすることはありません。でも、稀なケースとして、相場の急変動(例えば、国際的事件など)があった場合、ロスカットの発動が間に合わず、元本以上に追加証拠金を納めなくてならいということもあります。

そのようなリスクを抑えるにはどうしたらいいの?レバレッジを低く設定してやればいいだけのことです。必ず、25倍の取引をしなくても、ロット数で調整すればレバレッジをかけない1倍での取引も可能です。

ロットは、口座開設したFX会社によって異なります。「1ロット=1,000通貨」もしくは「1ロット=10,000通貨」 基本的は、このロット数での取引になります。通貨ペアが米ドル/日本円だとすれば、左側の米ドルを1,000通貨もしくは10,000通貨を取引するということです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました