エントリーするポイントって?

チャートを見ていると、上がったり下がったり一体どこでエントリーすればいいの?って疑問に思ったことはありませんか?

全体的なトレンドを把握して、上昇なのか下降なのかでポイントとなるところがあります。

以前にチャートの形を読むでも記事にしてあるので、参考にしてみて下さいね♪

ここでは、トレンドの転換を参考に説明したいと思います。

このように、いくつかのポイントが考えられます。相場は常に動いてますし、この先どうなるか?これは、予想でしかありません。慎重に行くか冒険するかは、人それぞれですが自分が決めたルールに従ってトレードするのが重要になります。是非、参考にして下さいね(*^-^*)

そのほかにも、押し目買い、戻り売りというのがあります。

そもそも、押し目や戻りってなに?タイミングって?簡単に言えば、上の図のようなところが押し目買い、戻り売りのポイントとなるところです。上昇トレンドの場合の買いのポイントは、「前回高値を切り下げて、次の高値の起点になるところ」になります。下降トレンドの場合はその逆になります。

いうのは、簡単なんですけどね(;^ω^) 

下の図は、レンジ相場(横ばい)なんですが、参考にしてみてください。チャートの上にある青〇が戻り売りのポイント。赤〇が押し目買いのポイントになります。

また、水平線やトレンドラインを引くことによって、ポイント判断もつきやすくなります。

それから注意してほしいのが太い青〇のところですが、ここは注意して下さいね。いわゆる追っかけ売りをしてしまいそうなところなので(*_*; 僕も最初のころは、こんなことを何回も繰り返してました(;^ω^)

長い陰線が2本ならんで、「おっ!ここは、売りの勢力が強いぞ!ここで、売りをしかけよう!」ところが、チャートを見ると上がってしまって、レンジ相場(横ばい)で推移してるのが分かります。上がって下がるまで、ドキドキですよね(;^ω^) 下がったところで決済を入れても利益は小さくなってしまいますし、そこまでの時間もかかってしまいます。

トレードを行うには、買う、売るの根拠を明確にしましょう。なぜ、売りで入ったのか?なぜ、買いで入ったのか?これは、次のトレードを行うにも大変重要ですよ♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました