トレンド転換

さて、FXで勝ち続けるにはどうしたらよいでしょうか?相場が上がるのか?下がるのか?相場を予想することですよね(^-^)                                    このブログ内でもトレンドの反転パターンを紹介しました。現在のトレンドが継続するのかそれとも転換するのかを見極めれば勝つことが容易になります。

少し具体的に掘り下げてみましょう。一見複雑そうに動いているレートも、非常にシンプルで、トレンドは「上昇トレンド」「下降トレンド」「レンジ(横ばい)」この3つしかありません。

FXで稼ぐために我々トレーダーが行うことは非常に単純で、上昇トレンドだったら「買い」、下降トレンドだったら「売り」、横ばいだったら様子を見る。たったこれだけなんです。

じゃあ、どうやって見極めるの?ということですが、これから説明しますね(^^♪

ダウ理論による判断                                     ダウ理論は6つの理論から構成されていますけど、ここで使用するのは高値と安値の動きに注目する「明確なシグナルまで継続する」という理論です。

ダウ理論のトレンド判断は明確で、高値と安値が切り上がっていたら「上昇トレンド」、高値と安値が切り下がっていたら「下降トレンド」と判断します。上図左は上昇トレンドから下降に転換したと示唆される動きで、高値Cが直近高値Bを超えられず、さらに安値Bを下抜けしてしまった。右図は、下降トレンドから上昇に転換したと示唆される動きで、安値Bを切り下げられず、直近高値Aを超えてしまった。

ただし、ここで注意が必要で、上昇トレンドは高値、安値がそれぞれ切り上がり、下降トレンドは切り下がらなければなりません。ですから、すぐそこで判断するのではなく、その後の動きを観察するようにして下さい。もしかすると、一時的な動きで上昇もしくは下降のトレンドが継続しているかもしれませんし、横ばい(レンジ)かもしれません。これは、大変重要です。

トレンドラインによる判断                                  トレンドラインとは水平線と考え方は一緒で、トレンドの方向に沿って引く線をいいます。安値と安値を右斜め上に結んだ線が上昇トレンドライン、高値と高値を右斜め下に結んだ線が下降トレンドラインです。

これも、ラインブレイクしたからといって、すぐに判断するのは止めましょう。きちんと、ブレイク後の動きを見て判断して下さいね(^_-)-☆

トレンド反転パターンによる判断                               これは反転する際に現れるチャートパターン「ヘッドアンドショルダー、ダブルトップ、トリプルトップ」から見るものです。反転パターンについてはこちらから確認してください。

この基本がわかれば、FXでは面白いくらいに利益を上げることができます。でも、なぜこんな単純なことが、出来ないのでしょうか?それは、横ばいの時に、相場がこの後どうなるか判断が難しい時にエントリーをして負けてしまったり、上昇トレンド中で売りを仕掛けたり、下降トレンド中で買いを仕掛けたりしてしまうからです。

相場は必ずしも、綺麗なチャートになる訳ではありません。一時的なものだったりしますので、よく観察をしてトレードの根拠を明確にして下さい。正しいトレンドの継続・転換を見極めるスキルが身に着けば、トレードの実力はケタ違いにアップしますよ(#^.^#)

上昇トレンド方向に買いで仕掛けて、転換しそうな時に売りで仕掛けられれば、ダブルで利益を取ることが出来るようになります。

                                        

コメント

タイトルとURLをコピーしました