FXで失敗しないために

FXはでは、9割が負けて1割の人しか勝てないということを耳した事があるかと思いますが、なぜFXで失敗するの?というところを掘り下げたいと思います。

僕は、トレードを失敗してしまうパターンが5つあると考えてます。このパターンを回避、知っておくことで、だれでもサクサク稼いでいくことができるので必ず覚えておいてくださいね(#^.^#)

失敗パターン

1.明確な根拠がないのにトレードしてしまう 

チャートを見た瞬間にすぐチャンスだと思ってエントリーをしてしまう人。FXで稼ぐためには、テクニカル分析などで相場を予想してトレードしますので、もし適当に感覚だけでトレードしてしまうと、それってただのギャンブルになってしまいますよね?

勝つか負けるかを運に任せることになりますから安定して勝つことはできません。取引した後に後悔しないようにチャートを分析して、エントリーのチャンスを待ちましょう。

場合によっては、トレードを見送るのも大切です。

2.感情的になってしまう

2つ目は、感情に振り回されることです。

もう、感情に支配された時点でFXでは負け決定です。特に相場が反対方向に行ってしまったとしましょう。そうなると、どうしても負けを取り返そうとか熱くなって冷静さを失ってしまい、ルールを無視して根拠のないところでトレードしたり、資金管理も無視してハイレバレッジでトレードしてしまいがちです。

FXをトレードするときの感情は、百害あって一利なしです。

1回のトレードで取り返しのつかない損失を出してしまう危険性もありますから、感情がトレードに及ぼす負の影響を理解し、戦略や手法を自分の中に確立させることが重要です。

3.損切りができない

損切りをしない人は、いつかレートは元に戻るだろうと何の根拠も無い期待にすがってしまいます。でも、いつ戻るの?これは、誰にもわかりません。

これは、2の感情にも当てはまってくるのですが、感情でいう「望み」が影響してきます。自分の予想通りに相場が動かず、含み損を抱えた時、スパッと損切り出来るか出来ないか。予想が外れたのであれば、損失を最小限に抑えるために損切りはしなければなりません。

損切りできなかったがために、資産を大きく減らしたり、次のトレードにも影響してしまいます。

4.ハイレバレッジでトレードしてしまう

レバレッジは、預け入れた資金の最大25倍(国内FX業者)まで取引ができる仕組みで、少額からはじめられて莫大な利益を手にできるメリットがあります。

特にFX初心者は、目先の利益だけを追い求めてしまいがちなので、逆に大きく損をするリスクになります。売買手法が固まっていない状態であれば最大でも、できれば10倍、5倍以内に収まるように取引数量を調整したほうが無難だと思います。あとは、資金管理をしっかり行ってレバレッジを決めて取引しましょう。

5.ナンピンをする

ナンピンというのは、買った後に価格が下がってしまった場合、買い増しをして平均購入価格を引き下げる手法をいいます。

FXのナンピンは、資金管理や相場分析を徹底している場合を除いてやみくもにナンピンしてしまうと破産してしまいます。

相場が下降トレンドの局面でナンピンを続ければ、平均購入価格は下がりますが含み損もどんどん膨らみます。そして、レバレッジをかけていればいるほど、強制ロスカットも迫ってくるので、資金を一気に減らしてしまう可能性があります。

戦略的に行えば、大きな武器になることは確かですが、どちらかといえば上級者が使うテクニックといえます。

※ナンピン

例えば、ドル円を110円で買った時、その後レートが100円まで下がってしまった場合、ここで同じ数量を買い増しすれば、平均購入価格を105円まで下げることが出来ます。これによって、110円まで戻ってくるのを待つ必要はなく、105円より価格が上昇すれば利益が出るという仕組みです。

僕も、FXを始めた最初のころは、上記で説明したことすべてしてました(;^ω^)

チャートを眺めては、感覚的なトレードをしてしまっていたんです。みなさんは、そうならないようにしてくださいね。初めから大きな利益を期待してしまうとメンタル的にも不安定になります。

1回のトレードの利益を重視するのではなく、トータルで利益を出すということ。これって、凄く大事です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました